inmarsat.png

BGAN (ビーギャン)

BGAN概要

インマルサットBGANサービス(Inmarsat BGAN : Broadband Global Area Network)は、BGAN衛星電話端末から、宇宙にある人工衛星へ向けて、無線電波を発信することで、音声通話サービス、FAX通信、データ通信サービスを利用できる通信回線サービスです。

世界最高峰の技術を用いたインマルサット衛星により、従来の音声通話に加え、ブロードバンド高速データ通信が利用できるようになり衛星通信サービスにも、ブロードバンド時代が到来しました。

日本デジコムは、衛星通信回線サービス、端末販売からレンタル・修理サポートまで、ワンストップで提供しています。

BGANネットワークの仕組み

BGAN端末から発信された無線電波は、赤道上空36,000kmにあるインマルサット衛星(Inmarsat I-4)を中継し、衛星地上局(SAS)を経て、世界中の「電話回線網」「インターネット網」など通信ネットワーク網にアクセスされます。

【BGAN衛星サービスのネットワーク図】

BGAN_sys.jpg

インマルサットBGAN 3つの特徴

1.ブロードバンドデータ通信
 ◆衛星電話としては、最高峰の492kbps通信が可能
 ◆複数の人数で利用するためのLAN環境構築が容易
 ◆パケット通信のため、通信コストも経済的
2.高い品質と優れた機能性
 ◆音声サービスのクオリティが高く、信頼性がある
 ◆専門知識なしで、誰でも簡単に利用できる機能性
3. いつでも、どこでも利用可能
 ◆グローバルカバレッジ対応により、世界中どこからでも利用が可能
 ◆災害時や緊急時でも、いつでも利用可能

BGANが提供する衛星回線サービス

kaisen.jpg
【BGANで利用できる音声通話サービス】
 ◆日本のオフィスや家庭、海外など一般の電話機への通話
 ◆NTTドコモやKDDI、など国内の携帯電話への通話
 ◆イリジウム、スラーヤなど衛星携帯サービスへの通話
【BGANで利用できるデータ通信サービス】
 ◆スタンダードIPパケット通信(最大492bps)
 ◆ストリーミングサービス(256kbps,128kbps,64kbps,32kbps)
 ◆ISDNサービス(64kbps)
【BGANで利用できる付加サービス】
 ◆固定IPサービス
 ◆VPNサービス
 ◆セキュリティサービス

インマルサットBGANの利用可能エリア

インマルサットBGANは、3機の人工衛星が赤道上に配備されており、地球上のあらゆるエリアから利用することが可能です。

【BGAN衛星サービスの利用可能エリア】
Land.jpg

衛星通信サービスは、宇宙にある人工衛星を通じて、通信経路が確立されるため、基本的に「圏外」はありません。

そのため、山間部や洋上などケータイ電話が繋がらないエリアや、海外の通信不便地域など、通信インフラが整っていないエリアからも、BGAN端末があれば、通信サービスを利用することができます。

BGAN利用方法

BGAN-セットアップ

BGAN端末を宇宙にある人工衛星の方向へ向け、無線電波を発信することで、衛星通信回線サービスを利用することができます。衛星通信を通じた音声通話サービスはもちろんのこと、ブロードバンドデータ通信(パケット方式)やストリーミングデータ通信など、様々な回線サービスを利用することができます。

必要な事前の準備
 ◆SIMカードをBGAN端末に挿入します
 ◆BGAN端末を充電しておきます
 ◆使用するPCに、付属の専用ソフト「LaunchPad(ランチパッド)」をインストールします
 ◆BGAN端末とPCを付属のケーブルで繋げ、接続を確認します
 ◆付属の動画マニュアルで、使用方法の概略を確認しておきます
 ◆衛星のある方向を、おおまかに把握しておきます

※データ通信を利用しない場合は、PCは不要です

セットアップ方法
 ◆BGAN端末の電源を投入します(GPSが自動で取得されます)
 ◆BGAN端末にPCを接続し、付属のケーブルを接続します
 ◆「LaunchPad(ランチパッド)」を起動し、衛星の方向を確認します
 ◆衛星の方向へ、BGAN端末のアンテナ面を向けます
 ◆電波受信レベルが最高になるよう、アンテナ位置をセットします
 ◆BGAN端末が衛星キャッチし、自動でログインが開始されます

BGAN-電話の掛け方

BGAN端末に付属されている受話器から、相手先の電話番号をダイヤルし、音声通話サービスを利用することができます。
電話の掛け方

ダイヤル方法は、、日本から海外で電話する国際電話のような要領です。
例えば、DreamCraft(東京03-6907-4102)へ通話をする場合は、
「00 81 3 69074102」
のように海外から日本へ電話をするときと同じように「国番号」をダイアルしてから通話番号を押します。

ケータイ「090」の場合も「90」と「0」をとります。
例:(携帯:090-xxxx-xxxx)へ通話をする場合は、「00 90 xxxx xxxx」
BGAN-データ通信の利用方法

BGAN専用ソフト「BGAN Launchpad(ランチパッド)」を利用すると、データ通信がとても簡単に行えます。
launchpad.jpg

面倒な設定なしでBGANサービスが利用できる

従来、衛星電話でデータ通信を行う場合は必ずといっていいほど「モデムの設定」と「ダイアルアップ設定」があり、利用者にとっては煩わしさがありましたが、BGANサービスは「ランチパッド(LaunchPad)」と呼ばれる専用のソフトをインストールすれば特別な知識や設定なしでどなたでも利用することができます。
ランチパッドでは、BGANサービスを利用する場所の位置情報の提供や電池残量の確認といった利用にあたり必要な基本的な情報の確認はもちろんのこと、データ通信中の状況モニタリングやストリーミングや付加サービス等の設定を行うことができます。
launchpad2.jpg