inmarsat.png

FBB(フリートブロードバンド)

FBB概要

インマルサットFBサービス(Inmarsat FBB : Fleet Broadband)は、船舶用のインマルサット衛星通信サービスです。
インマルサットFBでは、音声通話サービス、FAX通信、データ通信サービスに加え、ブロードバンド高速データ通信およびストリーミングデータ通信が利用できるようになりました。

弊社は日本デジコム社と共同で、インマルサットFBの衛星通信回線サービスの提供、FBB設備局の販売および修理アフターサービス等インマルサットFBの利用に必要なことを、トータル的に提供しています。 (※日本籍向けおよび外国籍向けにサービスを提供しています。)

FBBネットワークの仕組み

FBB端末から発信された無線電波は、赤道上空36,000kmにあるインマルサット衛星(Inmarsat I-4)を中継し、衛星地上局(SAS)を経て、世界中の「電話回線網」「インターネット網」など通信ネットワーク網にアクセスされます。通信経路の確立など、基本的には従来のインマルサットB、インマルサットFと同様ですが、インマルサットFBからは、衛星からの電波を地上設備局(LES)が一元管理されるようになりました、

【FBB衛星サービスのネットワーク図】
FBB_sys.jpg

インマルサットFBの特長

従来型インマルサットとの違い
 ◆技術基準適合証明により、無線検査が不要
 ◆受話器画面が液晶になるなど、操作性が向上
 ◆アンテナが軽量化したため、設置コストが割安
ブロードバンドデータ通信
 ◆衛星電話としては、最高峰の492kbps通信が可能
 ◆複数の人数で利用するためのLAN環境構築が容易
 ◆パケット通信のため、通信コストも経済的
高い品質と優れた機能性
 ◆音声サービスのクオリティが高く、信頼性がある
 ◆専門知識なしで、誰でも簡単に利用できる機能性

インマルサットBGANの利用可能エリア

インマルサットFBは、3機の人工衛星が赤道上に配備されており、地球上のあらゆるエリアから利用することが可能です。

【BGAN衛星サービスの利用可能エリア】
sea.jpg

FBB対応メールソフト「se@comm」

「se@comm(シーコム)」により、データ通信利用額が半減

日本デジコムでは、インマルサットFBのデータ通信をより最適に利用していただけるよう、FBB専用のメールソフトとして「se@comm(シーコム)」を提供しています。

「se@comm(シーコム)」は、通信料金コストの削減はもちろん利用状況の確認や利用者ごとのID管理など、他のメールソフトにはないすぐれた機能を持ち、運用や導入・設定も非常に簡単に行えます。


FBB(フリートブロードバンド)

FBB 取付設置工事

FBB端末には、本体トランシーバ、アンテナ、受話器ハンドセット、クレードル、などの構成品があり、インマルサットFBサービスを船舶で利用するには、取付設置工事が必要です。

設置をするためには、アンテナ取り付け位置の決定や本体トランシーバ取り付け場所の確保など、事前に決めておかなければならないことがありますが、FBB端末の本体トランシーバの重量は1kg前後、アンテナは15kg前後と、非常に小型・軽量な設計になっていますので、船舶への取付設置工事も速やかに行うことが出来ます。

FBB_diagram.jpg
fbb_antenna.jpg

ネットワーク接続

インマルサットFBは、ブロードバンドに対応した無線設備であるため、比較的容易にネットワーク接続をすることができます。

FBB端末には、電話やFAXを利用するための端子(RJ144、RJ45)のほかに、パソコンを接続してメールやインターネット接続をするための LAN端子があります。
データ通信を利用したいパソコンに、FBB専用ソフトである「LaunchPad(ランチパッド)」をインストールすれば、LAN端子にケーブル接続すれば、特別なモデム設定等なしで、すぐにデータ通信を利用することができます。

電話の掛け方

handset_20.jpg
FBB端末から日本や海外、他のインマルサット端末へ通話をする ダイヤル方法は、、日本から海外で電話する国際電話のような要領です。
例えば、DreamCraft(東京03-6907-4102)へ通話をする場合は、
「00 81 3 6907 4102」
のように海外から日本へ電話をするときと同じように「国番号」をダイアルしてから通話番号を押します。

ケータイ「090」の場合も「90」と「0」をとります。
例:(携帯:090-xxxx-xxxx)へ通話をする場合は、「00 90 xxxx xxxx」
fbb_dialling.gif