XVD SD-150

小型ハードウエアエンコーダー/デコーダー
xvd_150_title.jpg
小型ハードウエアエンコーダー/デコーダーの決定版
XVDならポケットサイズの機体にケーブルを接続するだけで、高画質の映像中継が可能です。

従来の概念を覆す【高画質】・【高効率】・【低コスト】で映像のIP伝送を実現

映像伝送に関わる方なら誰もがぶつかる矛盾…
『綺麗な映像を送りたい』>『でも、綺麗な映像を送るにはデータが大きくなる。』>『大きなデータを送るには通信コストがかかる』
誰だって綺麗な映像が送れて、コストが安ければそれに越した事はありません。
そんな皆様にJDCが提案する回答が【XVD Camcast 150】
より綺麗な映像を送りたい、中継現場と、よりコストを抑えたい、管理部門。共にご満足戴ける回答です。

■脅威の圧縮率によるコスト削減&圧縮しつつも、人の目に優しい画質

圧縮・伸張には最新のXVDフォーマットを採用。
DVDクオリティ(MPEG2:約5-7Mbps)と同等の画質を約1.2Mbpsで実現します。
データ量が少なくなるという事は相対的に伝送に用いる通信コストも削減する事が可能になります。
これまでは、通信コストが高額になってしまったり、反対にコストを抑える為に画質を落とさざるを得なかった方々にとってお勧めです。
xvd_sx_2.jpg

■Power over Ethernet対応により、外部電源不要

Power over Ethernet(PoE:LANケーブルでの電源供給)対応により、外部電源が不要です。
もちろん、PoE対応機器がない場合は添付のACアダプタからの電源供給も可能です。

■ システム基本構成図

xvd_sx_3.jpg