0001.jpg

救急医療現場でいち早く映像が見られる。

救急車に医師が同乗している安心感が可能になるかもしれません。100の言葉の報告より、一目見ることが出来たら診断が変わるかもしれません。一刻を争う現場だからこそ、映像による確認が出来る環境を備えておきたいものですね。

0003.jpg

災害現場から最新の映像が見られる。

大型地震、火災などの予期できない事態だからこそ、冷静に正確な状態把握が求められます。もし司令室に多くのカメラからの現場状況が映し出されていたら、解決策が変わっていたかもしれません。映像による確認が出来る環境を備えておきたいものですね。

0016.jpg

冒険の現場の今を映像で見られる。

前人未到の場所だからこそ、わくわくする冒険の夢をかきたてられ、人は勇気をもらいます。そんな場所には既設の回線はありません。先日のエベレスト頂上からリアルタイムの「エベレストなう」のメッセージもインマルサットがお手伝いしました。映像による確認が出来る環境を備えておきたいものですね。

0002.jpg

通信環境の整わない場所から映像取材。

企業の情報収集活動には予期できない事態が山積。大手テレビの報道ネットワークには、すでに衛星回線を利用する常識があります。企業の内でも利用できる衛星回線には、新時代のスピードアップした情報共有によるデシジョンの可能性があります。映像による確認が出来る環境を備えておきたいものですね。